脱毛の施術では毛の処理と皮膚ダウンタイムが重要に

特殊な光やレーザーの照射による皮膚のダメージ

ムダ毛の処理のためには、エステやクリニックで脱毛の施術を受けることになってきます。エステではフラッシュ式の施術が行われることが多く、クリニックでは医療レーザーを用いた施術が行われています。エステのフラッシュ式では皮膚に特殊な光を照射し、クリニックでは医療レーザーを照射することで脱毛をしています。この光やレーザーを照射することによって、皮膚は一時的にダメージを負う形となり、場合によっては赤くなったり、ヒリヒリしたりします。

エステのフラッシュ式やクリニックの医療レーザー式の施術後

エステのフラッシュ式やクリニックの医療レーザー式の施術では、毛の処理と皮膚のダメージが同時に起こることになってきます。施術後の皮膚においては、太陽の光を直接浴びないように日傘を差したり、日焼け止めクリームを塗るなどの対処が必要になってきます。しかし、皮膚はしだいに細胞が生まれ変わっていくことになります。この皮膚が生まれ変わる期間をダウンタイムと呼んでいます。よって、ダウンタイムがすぎると皮膚は元の状態に戻ることになります。

再び施術を行うには皮膚のダウンタイムを考慮

脱毛の施術においては、毛の処理と皮膚のダウンタイムの関係が重要になってきます。一度、エステのフラッシュ式やクリニックの医療レーザー脱毛を受けた後は、次に施術を行うまでは皮膚のダウンタイムを待つ必要が出てきます。そのため、エステのフラッシュ式やクリニックの医療レーザー式の施術後は、1カ月ぐらいの間隔を開けてから再び施術を受けるようにします。通常、皮膚のダウンタイムは1カ月程度の期間が掛かるからです。

専門医がレーザー治療として行う安全な医療脱毛なら施術後のケアもバッチリで、どなたでも安心して脱毛できます。