今話題の若返り法!サーマクールってどんなもの?

最新のアンチエイジング法

年齢とともに肌の張りが失われ、たるみやしわが生じてくるのは仕方ないことかもしれません。鏡を見るたびに、二重あごや深く刻み込まれたほうれい線にため息をついている人も多いのではないでしょうか?「でも、顔にメスを入れたり注射するのは怖い」そんな人たちの間で、最近注目されているのが「サーマクール」という治療法です。サーマクールとは、2002年にアメリカの医療機器メーカーが開発したしわやたるみの治療器です。メスを使わずに日帰りで治療ができるため気軽にできるプチ整形として人気が高まりつつあります。

サーマクールってどんな治療法なの?

皮膚は大きく分けて「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの層からなっています。その中でも真皮は肌の土台となっており、約70パーセントがコラーゲンでできています。そのため、たるみやしわの原因は真皮のコラーゲンの衰えとも言えます。サーマクールはその真皮に高周波を照射し、熱によりコラーゲンが変性し収縮することでリフトアップ効果を得ることができます。さらに、刺激を与えることで皮膚内部のコラーゲン生成を促し、肌にハリが戻りしわやたるみが改善されます。個人差はありますが、その持続効果は約半年程度と言われています。

だれでも治療を受けることができる?

気軽にアンチエイジングできると人気急上昇中の「サーマクール」ですが、治療を受けるには注意点があります。まず、高周波の熱が影響するケロイド体質の人や、骨折などの理由で金属プレートが体内に埋め込まれている人はサーマクールは避けたほうが良いでしょう。また、ペースメーカーを利用している人も誤作動の原因となるため不向きです。妊娠中の人や糖尿病の人、治療部位にやけどや皮膚疾患のある人も受けることができません。他にもアトピー体質や高血圧などが理由で治療を断られるケースがあります。サーマクールを受ける場合は担当医と些細なことでも不安があれば何でも話し合い、コミュニケーションをしっかりとることが大切です。

肌細胞を活性化させるのであればサーマクールに興味を示しましょう。肌細胞を移植するので肌が衰えることがありません。